« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

自爆・・・。

誕生日を機に忘れようと思った矢先、今日は彼がお店に来た。

お酒弱いくせに調子にのって3杯飲んで、酔っぱらっちゃった・・・。

話してると、どんどん頭の中は今日一緒に帰れるのかなぁという事ばかり考えてしまう。

大阪から来てる連れの人がいるから、無理かなぁとか思いながら5時になって女の子はあがることに。

他のお客さんも会計を済ませ、系列のバーへ移動して行った。

彼はまだ連れの人と飲んでいる。

着替えも終わって、様子を少し見てたけど帰る気配がないので仕方なく帰ることに。

一人の帰り道、嫌な想像ばかりが膨らむ。

泣きそうになりながらも、やっぱり彼には気持ちがないからやめたほうがいいと言い聞かせ家に到着。

それでも、とりあえずお礼のメールだけしておいた。

すると彼から「もう帰った?プレゼントあるんだけど?」とメールが。

一気にテンション急上昇!

これから行っていいというのなら、タクシーでも行く気満々で「まだ店?」と聞いてみた。

すると彼から電話。

彼「プレゼント買ってたのに。家に置いてるんだけど・・・。でも、もう家に帰ったんだ。」

私「全然帰る気配なかったから帰っちゃったよ。プレゼントあるなら言ってくれればよかったのに?!プレゼント欲しい!」

彼「あの状況で帰れないだろ。しかも店の中で渡すわけにもいかないし、言えないだろ。とりあえず今日はもう俺も会社行かなきゃいけないから時間ないからとっとくよ。」

私「じゃあ、捨てないでとっといてね。暇な時連絡ちょうだい。」

彼「腐るようなものじゃないから大丈夫だよ。じゃあ、またね。」

彼はちょっと不機嫌そうな声だった(泣)

メールでもくれれば待ってたのに。

しかも、家に置いてるって一緒に帰るつもりできたんだったらなおさら言っといてくれればよかったのに。

でも、プレゼントを用意してくれていたことが嬉しくて私はちょっとルンルン気分。

またいつ会えるかはわからないけど・・・。

そんなこんなで少しして彼からまた電話。

なんだろうと思って出てみると・・・。

彼「そういえば、お釣りって俺に渡したっけ?貰ってない気がするんだけど・・・。」

・・・思い返してみた。

?!

やばい!7千円のお釣り渡し忘れた!

「ごめんなさい!渡してない!オーナーに言って今度渡します・・・本当ごめんなさい!」

ひたすら謝り続けた。

彼もちょっと不機嫌そうな声だったけど、まあ、大丈夫なんだけどさ、とりあえずオーナーにそれとなく言っといて。と言って電話を切った。

まじへこんだ・・・。

あがっていたテンションも急激にダウン。

とりあえず、オーナーに電話してお釣りの件を伝えて解決。

そのことを彼にメールで伝え「使えなくてごめんなさい(泣)」と送った。

すると彼からは「使えないのは知ってるおやすみ」と返事がきた。

絵文字つきなんだけど、これを見てさらにへこみ。

本当できない女だと思われた

もう、今日は自爆・・・。

| | コメント (2)

2008年8月28日 (木)

Happy Birthday!

27日、とうとう27歳になってしまいました・・・。

26日の夜から、仕事に出てお店には誕生日を祝ってくれるお客さんがちらほらきてくれました。

しかも、そこまで普段仲良くない人のほうが来てくれました。

こういうところで、人ってわかるもんだな〜と実感。

その日に限って、女の子は私1人。

普段だったら、どうにかなりそうなお客の数も私とオーナー2人ではてんやわんや。

結局、せっかく来てくれたのに話せなかったお客さんもいて本当申し訳なかった。

とりあえず、バースデーケーキいただきました!

080827_015839


そして、ちょっとしたおもちゃも。


080828_151301

「Human Player」と言って、簡単に言うとたまごっちに似た感じ。

最初に50の質問に答えて、自分の性格のキャラクターが画面の中で生活するというもの。

自分で質問に答えると、好きなようにできてしまうということで、仕事が終わった後にオーナーと一緒に質問に答えてキャラクター完成。

でも、いまいち使い方がわからない・・・。

そして、オーナーからもプレゼント。

080828_151038


この前の喧嘩の事があるから、プレゼントちょっと嬉しかったです。

とりあえず、シャンパン飲みながら朝までお仕事。

この日、オーナーが私の好きな人にも誕生日のお誘いメールを送っていたので、彼からも仕事行く前に誕生日おめでとうのデコメールが。

その日は忙しくて行けないので明日行きます。またメールします。という内容。

私は明日休みなので、お店にくるんだったら外で一緒に飲みたい。それが無理だったら明後日お店にきてほしい。と返事をした。

それから返答なし。

久しぶりのメールも相変わらずだ。

オーナーが私に「○○さんが今日行けないから花を送っておくってメールきたよ。」と言ってきた。

でも、結局朝になっても花なんか贈られてこない。

オーナーは「花贈るって言ってたのにこなかったね。」と言うので「いつもの事でしょ。あの人口だけだから。」と答えた。

花を贈ってくれると聞いた時に、一瞬でも喜んだ自分が情けない。

そんなもん、そんなもん。

27日誕生日当日は、夕方から美容室へ。

なんか、最近全部が面倒くさいのでバッサリとショートにした。

髪切ってる時に、彼から昨日の返事がきた。

「明日朝早くて今日は厳しいので、明日お店に行くかまた日を改めるかにします。よろしく!」

返事がきただけましだけど、予想通りかな。

こんな場合は、たぶん日を改めるといって結局そのまま何もなく時間だけが過ぎていくパターン。

ふと、私なんでこの人が好きなんだろう?って疑問に思う。

いつも口ばっかりで、結局自分の都合のいいようにするばかり。

あほくさと思いながら、せっかく27歳になって髪もバッサリ切ったことだし、リセット、リセット。

22時からは彼女持ちだけど、ちょっと興味があった年下の男の子と味が評判のちょっといいお店へご飯を食べに行った。

そこの料理人さんは、お店にもたまにきてくれるけど酔っぱらうとちょっと困ったちゃん。

少し不安ながらも、その不安を吹き飛ばすほどの腕はぴかいち。

みんながあれだけ美味しいという意味がわかった。

飲めないワインを飲みながら、いろんな料理を堪能した。

27歳になって、心機一転。

心を入れ替えて頑張ろう!

| | コメント (6)

2008年8月26日 (火)

真夜中の訪問者。

今日はお客さんが1人も来なかったので、オーナーと2人でずっと世間話をして1時に閉店。

オーナーとは、あの喧嘩以来久しぶりに会ったけどすっかり怒りはとんで?というより、

なんか最近疲れてるので怒りを持続させる気力もなく普通に話せた。

タクシーで家に帰り、お風呂からあがって部屋で一人色々やってると外から物音が聞こえた。

この間の事件の事もあって、怖かったのでとりあえずほっといたが物音はエスカレートしていくばかり。

外というよりも、ベランダから音がする・・・。

このままじゃ寝れないと思いながら、音の正体を見つけようとカーテンを開けると・・・。

可愛い子猫ちゃん。

しかも、私のベランダの洗濯機にかけているカバーで一人遊んでいる。

外は雨。

すぐ目の前のアパートにいる4〜5匹のうちの1匹だろう。

どうやってここまできたんだろう?と思いながら、見ていると子猫ちゃんはこっちを振り向き急いで隣のベランダへ逃げてった。

もう大丈夫かな〜と思いながら、カーテンを閉めるとまた物音が。

見てみるとまたさっきの子猫ちゃんが、カバーで遊んでいる。

すごく触りたいけど、部屋にいれるわけもいかないしどうしようもない。

おうちに帰ってくれれば一番いいんだけど、こんな雨の中じゃ帰るわけもない。

あぁ、今日も眠れなそうな予感。

| | コメント (2)

2008年8月25日 (月)

花火大会。

今日は千葉県の蘇我の花火大会で行われるライヴのお手伝いへ行ってきた。

最後のライブが終わり、花火のカウントダウンが始まった。

1500発の花火が、音楽とともに打ち上げられる。

5、4、3、2、1・・・。

080824_201819

ケツメイシや浜崎あゆみの曲とともに、どんどん花火が打ち上がっていく。

080824_202602


080824_201859


080824_202031_ed

そしてこの「ナイアガラの滝」と名付けられた花火とともに流れてきた音楽は、私の大好きな「Amazing grace」。

真っ暗な中に、気持ちいい風と、綺麗な花火・・・そして、この「Amazing grace」。

気づいたら泣いてしまった・・・。

いい音楽っていうのは、本当に胸にしみる。

笑うのも、怒るのも、泣くのも理屈じゃないんだな。

全部、自然にでてくるもんなのさ。

080824_202615

最後にドカーンと花火があがり、終了。

ライヴの機材を、私と私の師匠Kさん2人でお片づけ。

Kさんに「まじ花火感動してAmazing graceで泣けた・・・。」と言うと、「俺もあの時なんかしんないけどぼろぼろ泣いてたよ。最近涙もろいんだよな。」

びっくり。

連れのみんなは誰も泣いてないのに、同じところであたしら泣いたんだ。

なんか、不思議な気分。

しかも、Kさんが泣くなんて意外だ。

でもあの場面でAmazing graceが流れれば、泣いて当たり前だと思った。

普段、花火なんて興味ないし見てもあまり感動しないけどたまにはこういうのもいいな。

| | コメント (5)

2008年8月23日 (土)

怖い・・・。

今日は寝起きから気分がすぐれずへこんでた。

テンション低いまま、友達とご飯を食べに出かけた。

12時を過ぎて、友達とバイバイ。

自分の駅に着いて家へ向かった。

帰り道に黒い車がずらーっと停車。

先には警察の車。

ヤクザの集会でもやってんのか?と思い車の中を見ると、みんな個人タクシー。

そして、カメラを持った記者らしき人が走っていく。

もしや事件?と思いながら野次馬心が騒ぎ、記者の走るほうへ行ってみようかなと思いながらも、明日は朝早いので家の方向へ曲がった。

曲がった瞬間、人だかり。

しかも、私の家へ行く道がテープで封鎖されてる。

警察と記者がいるなか、気まずそうに警察官に「私の家こっちなんですけど入っていいですか?」と聞くと無線で確認とったあと「もうちょっと待ってください。」と言われしぶしぶ様子を見ることに。

同じ方向の近所に住んでるという女の人が「入れるようになったら一緒に行きましょう。」と言うので2人で待つことに。

すると記者が話しかけてきて、年齢やらいろいろ聞いてくる。

何があったのか聞くと、ヤクザ同士の抗争で日本刀で切り付け今も逃走中らしい。

テープが張られた先を見ると、私の家のすぐ近くに警察官がたまっている。

怖〜い・・・と思いながら、記者はしつこく普段怪しい車がなかったかとか、こういう人見なかったかとか聞いてくる。

私の家を聞かれ、指さして説明すると「もしかして○ー○ー○ですか?」と聞かれ「そうですけど・・・もしかして事件ってうちのマンションのところ?!」

斬りつけられた場所は思い切り、うちの住所とぴったり同じところ。

確かに、すぐ隣のマンションにそういう関係の人が住んでそうな様子はあった・・・。

なんでこういつも私が住むところはこんなんばっかりなんだ。

前住んでたマンションもレイプ事件や、私の部屋にも誰か入ってこようとしたり・・・。

それが怖くて引っ越して、結局どこも一緒なのか。

私が選ぶ場所がいけないのか。

怖くなって、一緒に待ってる女の人にこの辺りはこういうことがよくあるのか聞いてみた。

お姉さんは10年以上住んでるけど初めてと言った。

それを聞いてちょっと安心したもののやっぱり怖い。

結局足止めをくらったまま、記者の人が警察官にもう一度まだ私たちが家に帰れないのか聞いてくれた。

また無線で確認後、やっと帰れることに。

怖いからとお姉さんが携帯を教えてくれた。

私は警察官のいる家の方向へ歩いていった。

そして、マンションのほうに曲がったら警察が現場検証中だった。

・・・って思い切り玄関でてすぐのところかよ?!

こんなすぐ目の前とは思いもしなかったので余計に怖くなって、警察官に「もしかして部屋に潜んでたりしませんよね?」と聞くと「それはないから大丈夫ですよ。」と言う。

なんでわかんだよ?!と思いながらも、おそるおそる部屋のドアをあけ電気をつけ辺りを見回した。

とりあえず誰もいない。

一安心。

あと、お風呂場も念のためのぞく。

誰もいなかった。

よかった〜。

けど、やっぱり怖くて眠れなそう・・・。

そんなこんな考えてたら、熱がでてきちゃった。

やばい・・・明日は予定があるのに・・・早く寝なければ

| | コメント (6)

2008年8月22日 (金)

人。

私は1人だけ大好きなお客さんがいる。

ちょっと変わったおじさん。

目も見えにくく、耳も遠く、その他もろもろいろんな病気をもってるお客さん。

それでも週2回くらいはお店にやってくる。

面倒くさがってあまり喋らない時もあれば、すごく楽しそうに喋って帰る日もある。

私はそのおじさんが大好き。

その人が話す中には、ところどころすごく深く胸に刺さる言葉があるから。

今日は佐賀からのお土産を渡すためにメールしてお店にきてくれた。

その人に喜んでほしくてたいしたことないものをいっぱい買ってきた。

喜んでくれた。

嬉しかった。

その人は楽しく話してたかと思うと時折、顔が急に暗くなって自分の体をもみだす。

だから私はいつも「体、痛いですか?」と聞いてしまう。

彼の答えは「そりゃあ、体は毎日痛いですよ。」

その答えを聞くたびに、質問した自分を情けなく思う。

彼は他人からの名声や、持ち物には興味がないと言う。

「みんながいつも話すのは、自分が知ってることと自分が持ってるものばかり。

私は人のそんなことなんてどうでもいい。

自分が生きることでいっぱいいっぱいだから。

こんな病気持ちでもう長くはないですからね。

私は人より目が見えにくいし、耳だって聞こえない。

だけど、世の中には全盲の人もいるし、耳が全く聞こえない人もいる。

ぼんやりでも見えるだけでも有り難い。

補聴器をつければちょっとは聞こえるだけでも有り難い。

私にとって一番大切なのは自分が生きることだけですから。

だから好きな物を食べて、好きなことして、寝るだけでいいんです。

毎日生きてることが精一杯で人になんかかまってられませんよ。」

冗談まじりに話す彼が時折見せる寂しげな表情。

それを見ると、彼が生きてる間に彼が喜ぶことをたくさんしてあげたいと思ってしまう。

彼は笑ってるけど、本当に体がきついんだと思う。

本当に珍しいぐらい私の中で興味があって尊敬してる人。

彼は目に見えるものじゃなく、本当の部分をちゃんと見ている。

自分でも言ってるけど、社会生活には適してないかもしれない。

でも、ちゃんと本当に大事なことはわかってる人。

目から見えるものじゃなく、耳から聞こえるものじゃないもっと大事なこと。

彼はまさに人が生きる上での極論だ。

そんな彼を私は大好きだ。

今日もいっぱい学ばせてもらった。

感謝。


| | コメント (2)

2008年8月16日 (土)

帰省。

昨日、佐賀の実家へ帰省。
まず、飛行機で福岡空港へ。

地下鉄に乗ろうと駅へ向かってると、女の人に話し掛けられた。

「すいません。地下鉄に乗りますか?」

突然だったので私は怪しみながら「あ、はい・・・」と答えた。

「じゃあこれ使ってください。」と何か渡され足早に去って行った。

とりあえず「ありがとうございます・・・。」と言って渡されたものを見てみると地下鉄1日乗車券だった。

ラッキー!!

ちょうど小銭も千円札もなかった。

こんな小さい事が人を幸せにするんだな。

博多に着いたら、19日に台湾へ行ってしまう友達と合流。

ご飯を食べにキャナルシティへ。

また局地的な大雨で服も靴もびしょ濡れ。

ブッフェ食べ放題で思う存分食べ、いつものようにあたしの愚痴を思う存分聞いてくれた。

そして最後に握手をして別れを告げた。

電車で佐賀へ向かう。

近くの駅に着くと、お父さんと愛しの姪っ子が迎えにきてくれてた。

久々に会う姪っ子はブサイクながらも相変わらず可愛くて見てるだけで幸せ。

家に着くと久々にペットのチョビと再会!

嬉しくてかけよったものの、チョビの姿に愕然。

足はフラフラで思うままに立てず、痩せこけて今にも死にそうな姿だった。

その姿にショックを受け泣きそうになった。

小学6年生の時にあたしが拾ってきた大好きなチョビ。

長生きとは言え、こんな姿になって自分の無責任さを痛感した。

ゆっくりと散歩に連れていき、帰り道はチョビが倒れそうになり歩けなかったので抱っこして帰った。

なんか時がたつのが悲しくなった。

| | コメント (3)

2008年8月15日 (金)

結局・・・。

オーナーには何一つ伝わってなかった。

あれから、朝方オーナーから謝りのメールと不機嫌になる前に言ってほしいというメールがきていたので、私は長々と言いたいことをはっきり書いて送った。

気分が悪くなるような内容でもあったが、基本好きだから言っていることはわかってほしいということも伝えた。

返事はないまま8時からお店へ出勤。

突然、ドアが開いてびっくり珍しくオーナーが早くからきた。

お互い不自然なまま少し会話をしつつも気まずい雰囲気。

オーナーが買い物へ出かけ帰ってきてカウンターに座った。

すると突然、私に昨日の件について話してきた。

しかも、オーナーは最初から戦闘モード。

最初の一言を聞いた瞬間から、こいつ何も伝わってないやと思いながらもおとなしく話を聞いた。

結局、本当に何も伝わっていない。

というか、論点がずれている。

喧嘩する気なんかさらさらなかった私は、オーナーの話している内容に呆れはてた。

わかってほしくて真剣にメールした自分があまりにもバカバカしくなった。

そして、もう諦めた。

「何言っても伝わらないってわかったからもう何も言わない。○○ちゃんの言いたいことはよくわかったからもういい。」

そう伝え、仕事に戻った。

悔しくて涙が出てきた。

ちりがみで拭いて深呼吸。

大好きだったオーナーは大嫌いに変わった。

早いとこ昼の仕事探そう。

| | コメント (4)

2008年8月14日 (木)

激突・・・。

くそ・・・。

またオーナーとぶつかった。

ささいなことだけど、ぶつかった。

しまいには「話にならんわ!だったら他の人使え!クビにしろよ!」と叫んでトイレに逃げ、着替え終わった後はそのまま何も話さず帰ってきた。

いつもならぶつかっても仲直りするけど、今日は溜まりに溜まったストレスが爆発して収まらなかった。

ちょっと落ち込んだ様子のオーナーが心配でもある。

最近、オーナーが精神的にまいってるのもわかってる。

本当は、オーナーのこと大好きなのに。

大好きだからこそ、わかってほしくてぶつかってしまう。

帰り道、なんだか泣けてきた。

疲れた。

明日が気まずい・・・普通にできるかな。

| | コメント (7)

2008年8月13日 (水)

夢。

ここ最近、きっちり5時間寝たら目が覚めてしまう毎日。

普段8時間寝ていた私には寝た気がしない。

昨日から、5時間で目が覚めたらまた無理矢理寝るようにした。

そして、また3時間後に目が覚める。

今日も同じように5時間で目が覚め、また3時間寝た。

二度寝した3時間はずっと夢を見ていた。

好きな人が知らない女の人にいちゃいちゃ甘えてるのを見てる私。

そこには何故かMさんもいる・・・(笑)

その光景を眺めながら、我慢の限界がきた私は「もう帰る!」と部屋を出ようとした。

彼は「なんなんだ。」とぼそぼそと呟いているのを見て、私は怒りが爆発。

「くそじじい!」

彼に叫んだ。

彼はじじいという言葉に反応。

「じじいって何だ!」と怒ってきた。

だから言った。

「私はずっと好きだったんだ!あんたはそうやっていろんな女と遊んでむかつくんだよ!」

そして、走って逃げた(笑)

目が覚めると、悪夢なのかなんなのかよくわからない。

でも、何故かちょっとすっきりしてた。

ストレスが溜まってたんだろうなあ。

直接言えないことを、夢の中で言ってストレス発散したのかな。

こんなストレス解消法もあるもんなんだ。


| | コメント (4)

2008年8月 9日 (土)

太陽と海の教室。

「太陽と海の教室」の再放送を見た。

織田裕二が良いこと言ってた。

好きな女の子から手紙を破り捨てられた男の子。

その子から電話がかかってきた。

みんなは出るなと言い、その男の子は電話に出なかった。

それを見ていた織田裕二は「その程度の気持ちか。」と呟く。

男の子は織田裕二に「裏切られても?」と聞く。

織田裕二「裏切られてもだ。」

男の子「裏切られても、裏切られても、裏切られても?」

織田裕二「裏切られても、裏切られても、裏切られてもだ。」

男の子「裏切られても、裏切られても、裏切られても、裏切られても、裏切られても?」

織田裕二「裏切られても、裏切られても、裏切られても、裏切られても、裏切られてもだ。」

男の子「そんなの馬鹿だ!」

織田裕二「馬鹿でいいじゃないか。」

男の子「・・・。」

織田裕二「本気で人を好きになるって事は馬鹿になるって事だ。」

お〜、いい事言うね〜織田裕二と思ってしまった・・・。

たまにはこんな熱いドラマもいいね〜。

| | コメント (6)

2008年8月 7日 (木)

くらくら。

今日は、オーナーと常連さんと3人でカウンターで飲みながら接客。

オーナーが一瞬席を外して、カウンターには常連さんと2人に。

話をしている最中、だんだん気持ち悪くなって吐き気が襲ってきた。

でも、カウンターには私一人なので離れるわけにはいかない。

我慢して話をしていると、突然目の前が暗くなってくらくらと立ちくらみ。

うわ〜またきた〜と思いつつ、カウンターに手を置いてとりあえずじっとする。

お客さんと話をしようとしても、目の前はもやがかかって耳にももやがかかってる状態。

吐き気も収まらないので我慢できずトイレへ行った。

でも、吐こうとしても何もでてこない。

とりあえずカウンターへ戻り、話を始めるがまだ視界ははっきりせずくらくら。

そこでやっとオーナーが戻ってきたので事情を話し、今日は1時で帰ることに。

だいぶ立ちくらみは直ってタクシーに乗った。

またその運転手が、どもっててちょっときょどり気味。

とりあえず行き先を告げ、寒かったのでクーラーを消してもらうようにお願いした。

すると運転手はどもりながら「ク、ク、クーラー消すんですか?!暑くなりますよ?!」と言うので、私は「寒いので消してください。」と言った。

運転手は「ほ、ほ、本当に消すんですか?!40度くらいになってしまいますよ?!弱めにしとけば大丈夫ですよね?」としつこく言ってくる。

私は具合も悪いのでそれにイライラして「クーラーの風嫌いなんで消してください。暑いの好きなんで!」と一言。

さっきまでクーラーつけて冷えてしかもほんの20分くらいで40度になるか?!

なんだこの運転手と思いながら、ただ黙っていた。

すると、またあとちょっとのところで「あ、あ、暑くないんですか?!蒸し風呂みたいですよ?!窓あけていいですか?!」とどもりながら話しかけてくる。

「私は暑いの好きなんです!クーラーの風が嫌いなんです!窓はどうぞ。」と言った。

本当イライラする。

そして、やっと着いた。

なんなんだ、この運転手。

おかげでまた具合悪くなって気分も最悪だわ。

もう今日は疲れたから眠ろう・・・。


| | コメント (5)

2008年8月 6日 (水)

恋愛至上主義

男なんて面倒くさい。

恋愛してる時間なんてない。

ここ最近、ずっとそんな感じだった。

結局、好きな人が出来れば一日中その人のことばかり考えてる。

絶対に深入りしないようにって思ってたのに、そんなの無理な話。

前にもいい感じになってだけど距離が縮まらなくて、その責任は自分にもあると思ってた。

だから、今回またこうなって前と同じ失敗はしないように自分からも連絡して距離を縮めようとしてみた。

結局、彼は前のスタンスと何も変わりやしない。

いくらこっちが縮めようとしても結局変わらない。

今日も彼にメールしてみたけど、その返事の内容は相変わらず。

会ってる時に嬉しい事を言われても結局、私はいつまでたってもお店の女の子でしかないんだと実感。

こうやって、たぶん前と同じようにだんだん連絡がなくなりそのまま会うことすらなくなるんだろう。

1度うまくいかなかった相手はやっぱり無理なのか。

結論を出すのはまだ早いのか。

タイミングが悪いのか。

でも、一番の問題は私と彼の気持ちの違いなんだろう。

| | コメント (4)

うー・・・。

彼に会いたい。

あー彼に会いたい。

お店が終わって、お客さんと2人でご飯を食べ一人タクシーの中そう思った。

吐き気が何度も襲ってきて、家に着いてすぐトイレへ直行。

さっき食べたもの吐き出した。

きっと焼酎のせいだ。

そして、また彼に会いたいと思う。

体が疲れて弱っていると、好きな人の腕で何も考えずただひたすら眠りたいと思ってしまう。

あー焼酎が気持ち悪い。

気持ち悪いのと彼のことが頭の中ぐるぐる。

彼はもうすぐ仕事で北京に行っちゃうかも。

てか、もう行ってるかも。

北京以外でも8月から年末にかけて忙しいと言ってたので、この状況は前回のパターンと同じ匂いがする。

連絡もないし、このまままた会えなくなる可能性大だな。

酒で忘れられるならいくらでも飲むのに、酒で気持ち悪くなって彼に会いたくなるぐらいなら飲まないほうがまし・・・。

あー早く会いたい。

| | コメント (0)

2008年8月 5日 (火)

不器用。

今日はお客が少なかったので、早めにお店を閉めてオーナーと2人でご飯を食べることに。

最近、痩せた痩せたと言われる私に気を使ってくれたのかタクシー代をうかせたかったのか。

とりあえず栄養をとれ!と朝まであいてる和食屋さんへ行くことに。

2人で歩きながら、いつものように仕事の話をしていたら偶然オーナーの奥さんに遭遇。

結局3人でお店へ。

奥さんが入ったおかげで、いつものように仕事の長話をせずによかった。

お店を出ると、奥さんは自転車で先に帰って行った。

オーナーと2人で歩いてると突然また真面目な話をしだした。

私が毎日入るようになってから、さんざん細かく言われるようになりオーナーとは衝突が多くなっていた。

この前も仕事が終わった後に愚痴愚痴言われ、さすがに我慢の限界がきて泣きながら反発した。

まあ、結局いつもそんな怒った感情は長続きせず思う存分言い合ったら最後には笑い話をしてるんだけど。


駅に着いた頃「でも、俺はワンコロが俺に色々言ってきたり泣いたりするのは別にいいと思ってるから。」

突然でびっくりした。

あの時のことは自分の中ですっかり水に流してた。

返答に困り「そうなんだ〜。」と一言いうと、

「うん。だって、そうやってはっきり言ってくれたほうが自分の悪いところにも気づけるからさ。」

意外だった。

頑固者で、絶対に自分のやり方を無理矢理にでも突き通すような人。

絶対自分が正しいと思ってるような人。

変わらないとわかっていながらも、私の性格上納得いかなければ感情的になりながらも言ってオーナーと衝突。

周りからはもっとうまくやればいいのに。っていつも言われていた。

だけど、今日のこの一言で無駄じゃなかったんだ〜って思った。

前からわかってはいたけれど、本当にこの人は不器用な人なんだな〜と思った。

私も最近はちょっとオーナーに呆れ気味だったけど、今日ちょっと可哀想だなと思った。

私も不器用だから、なんか自分を見てるみたいな気になった。

感情的になってその場では言い負かすけど、結局人から言われたこと気にしてるんだ。

聞いてないようでちゃんと聞いてる。

もちろん、だからといってオーナーが変わることはないのかもしれないけどそれでもちゃんと私の言葉は少しでも伝わってるんだってことがわかったらちょっと嬉しくなった。

自分の言いたいこと言って衝突するのはよくないかもしれない。

どうせ変わらないからと諦めて要領よくやるのもいいかもしれない。

でも、私はやっぱり一緒に仕事をしていくんだったら損したって自分の思ってることは伝えたいし不満があればぶつけたい。

だって人間なんだもん。


| | コメント (4)

2008年8月 4日 (月)

第2弾。

ミックスジュース第2弾。


080804_135415

あまり変わりばえしないものの、前回よりはいいお味。

もちろん、パセリは抜きにしました・・・(;^^)

今回はいたってシンプル。

オレンジ、バナナ、牛乳。

そのまんまのお味。

そして今日の夕食は沖縄土産で買ったタコライス!

080804_173502_ed

上のお肉はレトルトながら意外と美味しかった。

さて、またこれからお仕事行ってきます・・・泣

| | コメント (2)

自転車でお散歩?

久しぶりの恋愛話。

ここ最近、好きな人との距離がちょっと縮まった。

今日は私からメールしてみた。

彼は仕事が遅くなるからとりあえず終わったらメールするという返事。

会えるか会えないかわからないまま、とりあえずMさんの家へ自転車で遊びに行った。

12時過ぎても彼から連絡はなく、だんだんうとうとしてきた。

勝手にMさんの布団で眠るモードに入って、寝そうになった頃メールがきた。

夜中の2時。

結局今日は会えず、帰ることに。

眠いまま自転車に乗って、ひたすらこいだ。

Mさんちから私の家までは、甲州街道をまっすぐ行けば着く。

ふと途中の陸橋で気がついた。

環七通り???

道間違えた。

ガビーン・・・。

しかも、この道沿いは彼の家の方向・・・。

私が行きたいのは彼の家じゃなく、自分の家なのに。

無意識に煩悩で進んだのか、ただの馬鹿なのか。

またひたすら坂をのぼり引き返して、やっと甲州街道へ。

そのままひたすらこぎ続けやっと到着。

家に着いたら、汗だく。

とりあえず、寝て忘れよう。

| | コメント (5)

沖縄旅行。

6月末に沖縄旅行へ行ってきた。

感想・・・暑い!楽しい!暑い!楽しい!

そんな感じかな。

ということで、沖縄で撮ってきた写真たちを。


080623_111410

まずは、私が沖縄へ行った第一の目的・・・ハイビスカス。

やっぱり癒される・・・。


080623_184506_ed

沖縄そば&海ぶどう。

念願の海ぶどうは美味しかったけどそれ以上のコメントはなし。


080624_134259_ed

沖縄と行ったら美ら海水族館。

可愛いイルカちゃん。


080624_145723_ed

これも美ら海水族館。

一応、魚・・・ありえない。


080625_111053_ed

ホテルの部屋からの眺め。

さすが沖縄。

海の綺麗さにびっくり。


080722_101659

最後は手作りシーサー。

四角い粘土?から自分で写真見ながら作ってみました。

本物と比べるとちょっと・・・だけど、我ながら上出来。

沖縄最高!

| | コメント (5)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »