« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月28日 (月)

新潟

新潟
やってきました新潟!

ゴールデンウイークが終わるまで出張でホテル暮らしです。

また今日から1日も休みなく仕事が始まるけど、会社でずっと働くよりまし。

それにしても新潟は寒い。
思ってたより何もない。

田舎だ〜!

なんて言うと新潟の人に怒られそうだけど・・・。

とりあえず上司が電車撮ってたから私ものっかって、電車とっときました(笑)
夜は上司と会社の女の子と3人で居酒屋へ。

なぜか恋愛話や、痔の話やらで盛り上がってダラダラと2時間半もいてしまった(-.-;)

明日は6時起きなのに起きれるか心配・・・。

うるさい目覚まし持ってくればよかった。

さて長いホテル住まい、やることないから思う存分ストレッチにはげむぞ〜(>_<)

| | コメント (5)

2008年4月27日 (日)

男女の友情。

昨日は、仕事が終わって夕方から男友達Kとカラオケへ。

私は暇な時間が出来ると、きまってKを呼び出す。

そのKが来月末に福岡へ帰ってしまう。

福岡へ帰った後は、台湾へ語学勉強に行くらしい。

前から行こうと思ってると聞いてはいたものの、実際本当にKが近くにいなくなると思うと急に寂しくなった。

2人でカラオケボックスで歌いながら、今までKにお世話になった思い出が頭をよぎる。

彼がいなくなったら、私大丈夫かな??

Kとは、お互い全く恋愛感情のない友達。

男女の友情は成り立たないというが、このKとは成り立ってきた。

いつも私のわがままを聞いてくれた。

呼び出せば、大体はつきあってくれた。

不倫してる時は、いつも泣きながら電話してくる私の愚痴を聞いてくれた。

時に私のわがままにきれる事もあったけど、さらに私がきれると自分からおれてくれた。

本当にKには、お世話になった。

というか、迷惑をかけた。

これからは、好きな時に遊べなくなる・・・。

なんともいえない寂しさと悲しさが押し寄せてくる。

でも、Kの未来を考えれば応援するしかない。

今までいつも私のわがままにつきあってくれたKに、私は何ができるだろうか?

あと少しの時間で、今まで助けてくれたKにできる感謝の気持ちをどうやって表せるだろうか?

わからない。

ただ、私も頑張るからKにも負けずに頑張ってほしい。

と思いながらも、その日もカラオケで私はわがまま放題。

1時間半で帰るというKに「嫌だ!絶対延長する!延長しないと許さない!!」と子供のようにだだをこねる。

そして10分前の電話にKが出られないようにして、勝手に延長する。

なんか、Kにはわがまま言っちゃうんだよな~。

自然でいられるんだよな~。

たとえ近くにいなくなってもKとの友情は不滅だ。

| | コメント (2)

2008年4月24日 (木)

昨日の今日で全然丸くなってなかった…。

最近、自分が穏やかに丸くなっていると思っていた。

そんなことを吹っ飛ばすかのように今日は久々にイライラする出来事が。

夕方、仕事をしていると携帯に知らない番号から電話。

仕事関係かもしれないので、ベランダへ行って出てみた。

「○○さんの携帯ですか?今日の4時半から予約してますよね?」

いつも行ってる脱毛のお店からだった。

は??何言ってんの??

今日の予約??

今日が何日か頭の中で考えた。

まさか…。

「今日じゃなくて、来月の24日の4時半のはずですけど。」

お店の人は「今日の4時半に予約が入ってますけど。じゃあ、どうしましょうか?」と聞いてくる。

3月末に電話で休みの日じゃないと無理と言って、さんざん話したあとに今休みの日で空いてるのが5月の24日と31日と言われ予約していた。

だんだんむかついてきた。

しかも、平日は仕事で無理だと言って休みの日に予約したのに。

平日の4時半になんて予約いれるか!

仕事中なので終わったら電話すると告げ、電話を切った。

その後は、怒りがどんどんこみ上げてきた。

あいつバカか!と思いながら、とりあえず仕事を終わらせ家に帰る。

イライラしていながらも、今日はこの前ネットで買った洋服が届く日。

まあ、その洋服がくると思うとイライラは少し収まった。

18時~21時お届け予定。

もし不在票が入っていても8時前に着けば今日中に届くだろうと思って安心しきっていた。

家に着いたのは7時半。

甘かった・・・。

不在票に書かれているのは「本日の再配達は18時までとなります。」

はぁ~?!

時間はとっくに過ぎているが、イライラが爆発。

不在票に書かれている手書きの携帯番号にかけた。

何回鳴らしても出ない。

気が治まらず、もう1回かける。

・・・・・・出た!!

「不在票が入ってたんですけど。」

「今日はもうお店に戻っちゃったんですよね。明日以降でのお届けになります。」

またイライラ。

怒りを抑えながらもつい口調がきつくなる。

「今日何時にきたんですか?」

「18時50分です。明日以降で今言っていただければもし遅い時間でもその時間にお届けしますよ。」

「・・・。とりあえずちょっと確認してまた電話します。」

一旦、電話を切った。

ふぅ~。とりあえず落ち着けと自分に言い聞かせ確実に受け取れる日時を考える。

ドライバーさんは悪くない。

ちょっと落ち着いてまた電話して明日の夜10時に届けてもらうことにした。

それにしても、今日はむかつくことばかりだな~と思いながら脱毛のお店へ電話。

夕方の人とは違う人が出る。

とりあえず「予約を平日に入れるわけがないんですけど。」と事情を説明。

その人は「たぶんこっちの聞き間違いでしょう。すみません。」と謝ってくれた。

そして途中で、夕方の人に代わった。

これでイライラする原因がわかった。

予約を間違えていれられたことにむかついたわけではない。

誰にでも間違いはある。

そう、こいつの対応にイライラするのだ。

自分はまるで何も間違ってない、悪気さえ感じられないような話し方。

言った、言わないの問題ではないのだ。

もしかしたら、本当に私が間違ってた可能性だってある。

だけど、どっちが間違ってたと言い出したところでどうにもならない。

そんなことより、今の状況でのお前の対応をもっと考えろ!と言いたかった。

「今回はすれ違いのようなものになったみたいで・・・。」

すれ違いってなんだ??

たとえどっちの間違いにしろ、接客業をやっているのならもっとちゃんと客への対応を考えろ。

最初の電話の時から、今日が予約の日と決め付けて責める口調だった。

まずそこから考え直せと言いたい。

しまいには「当日のキャンセルはどんな理由があっても出来ないので必ず前日までに連絡してください。」何度も言ってきてまるで嫌味を言われてる気分。

昨年から通っているが、私が今まで当日キャンセルしたことあるか?

あるわけがない。

都合が悪くなれば、必ず1週間前には連絡をいれる。

そんなんじゃ、お店に客なんかついてくるはずがない。

一応最後に「申し訳ありません・・・。」とは言ってはきたものの、全然気持ちなんてこもってもない。

ただぶっきらぼうに言ってるだけ。

嘘の言葉は相手にばれるもの。

申し訳ないと思ってないのがまるわかり。

中途半端な言葉なら言うな。

全く思ってなくても、接客業だから仕方ないと思って言うのならとことん気持ちを込めてるふりをしろよ。

そんなこともわからないのなら、申し訳ありませんという言葉なんて客に伝えるな。

本当、不愉快極まりない。

あ~それにしても、腹がたつ。

| | コメント (2)

2008年4月23日 (水)

大人になると丸くなるものなのか。

最近、気づいた。

昔に比べて、イライラすることがだいぶ少なくなった。

昔はちょっとしたことで、イライラしてすぐ感情的になっていた。

今はむかつく事があっても、感情的になる事に疲れる。

そんなことを言いながらも、短気だと言われるのは今も一緒だけど。

穏やかになったのは、大人になったからなのか。

成長したとも思う。

でも違う風に捉えれば、ただ諦めることを覚えてしまっただけかもしれない。

言っても変わらないから言わない。

感情をぶつけても無駄。

人は変わらない。

そんな風に、勝手に決め付けて闘うことをやめてしまったのかもしれない。

できれば面倒くさいことにはなりたくない。

それと引き換えに、自分の感情を抑制してしまう。

これが大人というものなのか。

| | コメント (4)

2008年4月22日 (火)

ダイエット。

久しぶりにダイエットに挑戦しようと決意。

といっても特に何かするわけではないけど、普通に毎日ストレッチして食事の量を減らすだけ。

昨日、久しぶりに体を動かしたくてなって夜ストレッチを始めた。

その時、自分の太ももの太さにびっくり・・・。

さすがにやばいかも。

さらに、太ももだけではなくお尻の最高にやばい。

手でつかめるお尻のお肉の柔らかいこと。

この体型にちょっと焦りを感じ、ダイエットを決意。

太ももとお尻のお肉をとるには、運動だけではどうにもならない。

普段の食事量が人よりも多い私は、食事の量を減らすしかない。

そんな決意の中、今日のお昼ご飯。

オリジン弁当でのり竜田弁当を購入。

いつもなら、お弁当に加えさらにもう一品何か惣菜かデザートを買うが今日は我慢。

でも、大きく握ったひじきおにぎりが気になって仕方ない・・・。

買っちゃった・・・。

のり竜田弁当と、ビッグひじきおにぎりをぺろりとたいらげた。

これを見て会社のみんなは、ダイエットなんて言いながらお弁当とおにぎり食べるなんてありえない!と非難の嵐。

だって、物足りないんだもん。

なんで、こんなに人より食欲旺盛なんだろう。

夜ご飯は、仕事が遅く終わったので帰りに貰ったチョコを食べ、家に着いてからはたけのこのきんぴらだけにしといた。

あとは、腹筋と脚のストレッチ。

今日も頑張るもん。

他に何かいいダイエット方法ないかな~??

| | コメント (5)

2008年4月21日 (月)

つぐない。

昨日、友達と3人で映画を見に行った。

キーラ・ナイトレイ主演の「つぐない」。

どんな映画かよくわからないまま、とりあえず映画館へ。

感想を言うと・・・納得いかない。

こんな結末か・・・。

そんな感じ。

上流階級の人間に対する怒りがこみ上げてきた。

それを消化できないまま、終わってしまった・・・。

最後、何故か涙がこみ上げてきた。

無念というかなんというか。

泣くシーンでもないのに、何故か涙が止まらない。

エンドロール中も泣きっぱなし。

隣で寝ていた友達が「この映画そんなに感動した?」と聞いてきた。

いや、感動したわけじゃないんだけど涙が止まらないの。

涙腺が壊れてるだけ。

色んな感情が混ざり合って、涙になって出てくるの。

あ~また泣いてしまった。

どんな映画見ても泣いちゃうんだよな~。

今回は、悲しくて泣いたわけじゃない。

感動の涙でもない。

簡単に言うと、悔し涙みたいなもんかな。

全体的に明るいとは言えない映画だったけど、こういう映画は嫌いじゃない。

でも、結末は気に入らない。

やっぱりハッピー・エンドじゃなきゃ。

今度は、ハッピー・エンドの幸せな気持ちになれる映画を観よう

| | コメント (4)

ピンキ-リングに願いを込めて。

私は指輪をつけるのは好きじゃない。

結婚指輪以外はつけたくない主義。

そんな信念を持っていた私が、ピンキーリングを買ってしまった…。

さすがに恋がしたいと思って、雑誌に「小指に指輪をつけると出会い運やチャンスが舞い込んでくる」と書いてあったので焦っている私はつけたいと思える指輪を探した。

すごく細い指輪がないものかとネットで検索。

ヒット!!

本当にシンプルな細い指輪。

運良く新宿にお店があったので早速買ってきました。

080421_000327 Goldieというフランスのブランドのスウィートピーというライン。

本当に細い。

でも、今までずっとつけていないので試着しても変な気分。

つけたいんだけど、この信念を曲げたくない…っていう矛盾でさんざん悩んだ挙句、結局購入。

これからは、自分で買った指輪はつけてよしという事にしよう(苦笑)

でも、右手限定。

左手は結婚指輪までとっておく。

自分でもバカなこだわりだなぁ~と笑ってしまう。

指輪を買った後、夜のお店へ出勤。

土曜なのに、暇。

女の子が今日は私と友達の2人。

忙しくなられても困る。

そんな時にオーナーが「○○さんが、11時くらいに5名でくるって。」

………?!

予想外の出来事勃発。

気になる彼がお店にくる?!

彼女らしき人と2人で花見で遭遇して以来なので、どうしよう…と一人で変は汗をかいてきた。

今すぐ帰りたいと思いながら、平然を装う。

一人、心の中で動揺。

普通に話せないかも。

そして、ちょうどいいところに色々と恋愛相談していたMさんがお店に制服を置きにやってきた。

すぐさま、トイレに連れ込み事情を説明。

「普通にしなさい。」というアドバイスに、出来るかどうか不安ながらもそうすることにした。

とうとう気になる彼が来た。

5名なのでボックス席へ。

運悪く、私がつくことに…。

彼とは目を合わさないようにして、他の人達に笑顔で挨拶。

彼が「おっワンコロちゃんじゃん。」と言ってきた。

彼の顔を見るも、やっぱり気まずい。

軽く挨拶をし、なるべく彼の方を見ないようにして連れのお客さん達と盛り上がる。

だんだん、胃が痛くなってきた。

そして2時間が過ぎ飲み放題が終了。

やっと解放されると思って、お見送りしようとドアを開けて待っていると彼とあと1人は何故かカウンターへ移動しまた通常料金で飲む気配・・・。

帰んないのかよ~?!と心の中で思いながら、とりあえず他の人達をお見送り。

仕事に戻る。

カウンターの中で彼ともう一人の前へつく。

さっきのボックス席より近い。

久しぶりに彼の顔を近くで見て話す。

彼の目を見ながら話を聞く。

やばい・・・。

自分の気持ちを再確認。

うん、やっぱり私この人の事が好きなんだ。

認めざるを得なかった。

諦めようと思っていても、本人を目の前にすると自分の気持ちは騙せない。

もう決めた。

無理に忘れようなんて思わない。

私は彼のことが好きだ。

彼には彼女がいるかもしれないけど、それは仕方ない。

だからといって、すぐに好きな気持ちは消えてはくれない。

だったら、次に好きな人が出来るまで好きでいればいい。

何かを望む恋じゃなくて、これは私の勝手な片想い。

お互い、花見の時のことには触れない。

それでいい。

スタッフとお客の関係。

そう思えば、今までのように笑顔で接することが出来た。

そして恋愛話になると彼が「一方通行の恋は嫌だよね~!」とわざとらしく私の顔を覗き込むようにして言ってきた。

「やっぱり、色々アプローチしても何もかえってこなかったら嫌だ。相手にもそれなりにやった分だけ何か返してほしい。」と彼は言う。

「一方通行の恋は嫌だよ。」

私も、まさに今の私じゃないかと思いながら答える。

答えながら、心の中で“本当片想いって嫌だ”と思った。

そしてそろそろ閉店する頃、彼がいつものように「ワンコロちゃんは今日も○○(系列のバー)行くの?」と聞いてきた。

もう関係ないのに聞かないでほしいと思いながら「たぶんね。」と答える。

彼が「うどん食べに行かない?」と誘ってきた。

一瞬迷ったものの、心の中では嬉しい。

彼女がいるとしても、やっぱり少しでも長く一緒にいたいという気持ちが勝った。

もちろん返事は「行く!」と嬉しそうに答えた。

ここで、本当は断ったらかっこいいのかもしれないなぁ。

そんなことを思いながらも、気持ちには勝てない。

じゃあ先に行ってるから終わったら電話してと言われ、わかったと答えたものの…そういえば彼の電話帳削除しちゃった・・・。

Mさんに彼の番号を聞いて連絡。

そして、私とMさんと友達と3人でうどん屋へ。

彼はもう眠そう。

今までなら、彼に嫌われないようにとか変なこと言わないようにしようとか色々考えてたけど、今はもうそんなこと考えない。

自分の好きなように振舞う。

彼には彼女がいるんだったら、別にこの先どうこうなることなんてないんだからもうそんな事気にしなくていい。

ただ、自分が一緒にいたいだけ。

前よりちょっと楽になった。

そして彼は連れの人と一緒に私達は女3人タクシーで別々に帰った。

お店以外で彼と会うことはないだろう。

叶わない恋なら、お店の中だけでもいい女になってやる。

そして、もっといい女になって彼に後悔させてやるんだ。

まだまだ道は遠いけど・・・。

毎日起こるいろんな事は神様からのプレゼント。

悲しい気持ちになることもたくさんあるけど、たぶん全てのことに意味があるんだろう。

彼のことを好きになって、結果叶わなかったこの恋も自分に足りない何かに気づくためのプレゼント。

だったら、その足りないものを補ってもっと自分をよくしよう。

そうしないと悲しいだけでは終われない。

| | コメント (2)

2008年4月19日 (土)

容姿は重要か??

積極的に恋をしようと、今日はこの前の花見で気に入った年下の男の子S君とのご飯を友達にセッティングしてもらった。

友達とその彼氏と、私とS君の4人。

会うのは今日が2回目。

ちょっとだけ楽しみにしてた。

友達の仕事が終わった後、彼氏さんとS君と合流。

この前、帽子をかぶってたS君は今日はかぶってなかった。

この前と印象がちょっと違う…。

期待を持ちすぎていたのかも。

でも、話すとこの前と同じように人間的な魅力はある。

だけど恋とはなんか違うような…。

とりあえず、今日は深く考えず楽しもうとはしゃいだ。

そしたら、はしゃぎすぎて隣のお客さんに思い切り梅サワーこぼしちゃった

スーツを着たサラリーマンの人の膝が思い切り濡れてしまった…。

慌てて、おしぼりでふきながら「すいません」とひたすら謝る。

運よくいい人で「大丈夫ですよ盛り上がってるんだから仕方ない。気にしないでください」と笑顔で言ってくれたものの、その後も席が近すぎて気まずい…。

「クリーニング代を…」と言うと「いいですよ~。気にしないでください」と本当にいい人。

申し訳ない気持ちが消えないので、お詫びに私が最近はまってるガトーフェスタ・ハラダのガトーラスクをおすそわけしました…。

080419_024745_2 これは、ホワイトチョコレートがかかってるラスク。

本当に超が何個もつくほどおいしい。

甘いものが好きな人は絶対にはまる逸品。

これ以外にも、普通のラスクがあるけど普通のラスクもまた絶品。

最近、社長の奥さんがいつも買ってきてくれて今じゃ私の大好物。

社長の奥さんから、買い取っちゃったぐらい。

ちなみに、都心だと新宿の京王に売ってるけど毎日行列です・・・。

みんなにも、このラスクをあげて大好評。

そして、気まずさもぬけた頃お店を出てもう一軒飲みに行くことに。

S君の話を聞いてても、本当に人間的に魅力のある人。

年下だけど、尊敬できる。

私がやりたいことを、すでにやってきてる人。

だけど、やっぱりときめかないんだよな~。

なんでだ??

容姿は正直言って、タイプじゃない。

というか、幼い感じ。

でも、中身はしっかりしてる。

中身が重要なのに、なぜかその容姿が引っかかってしまう。

ときめかないのは容姿がタイプじゃないから??

それとも、もともと私が惹かれるタイプの男の子じゃないから??

ん~考えてもときめかないものはときめかない。

男性的な魅力は全く感じないけど、人間的な魅力はすごく感じる。

どっちかというと、恋ではなく友達になりたいタイプ。

まあ、これから少しずつ仲良くなって友達になれたら一番いいな。

そんなこんなで、恋をしたい私にとっては結局今日はちょっと肩透かしだったかな…。

| | コメント (6)

2008年4月17日 (木)

胃下垂。

私は胃下垂。

前、健康診断では日常に支障のないレベルという結果。

だけど、最近ちょっと胃下垂がひどくなってきた気がする。

昔から、ご飯を食べる前はへこんでるお腹もご飯を食べればパンパンに膨らんでズボンがはちきれそうになっていた。

まあ時間がたてばお腹はどんどんへこんでいくのでさほど日常に支障はなかったけど、最近は立ちっ放しの仕事が続いたせいか胃がどんどん下にさがってきている気がする。

気のせいだけならいいが、それがご飯を食べるとどんどん押されて痔っぽい症状が毎日続いてる。

座るのも痛いし、立っていてもどうにか変な感じ。

今日も、新人君の歓迎会で焼肉屋で大量に食べ過ぎてお腹はパンパン。

みんなに本当すごいよね~。

妊娠してるみたいと言われた。

案の定、食べ過ぎたせいか今日も痔の症状が・・・。

今月末からは新潟出張でまた立ちっ放しの仕事が続くので、毎日痔に悩まされるのかと思うと不安。

さすがに、土曜に病院に行く予定。

胃下垂って治らないのかな~。

みんなからは腹筋が足りないんだよと言われるので、一昨日から腹筋をはじめたもののそれが効くのかどうかも微妙。

胃下垂も痔も早く治れ~。

| | コメント (5)

2008年4月16日 (水)

機嫌

上司の機嫌が悪い1日。

誰が見ても、イライラピリピリしてるのが一目瞭然。

こんな日に限って、確認しなきゃいけないことがでてくる。

私の質問に対しても、怒りまじりで答える。

まさに「触らぬ神に祟りなし」状態。

お~怖い怖いと思いながら、あまり話しかけないようにする。

そんな日に限ってみんな帰り始め、会社には私と上司の2人になった。

そして、最後に確認しなければいけない事を聞くと私のミスもあって一喝。

まあ、いつものようにぐだぐだとお説教をされたわけではないのでとりあえず謝り、その対応をする。

すると少しして上司が口を開いた。

やばい!いつものお説教が始まるかもと思いきや…

「実際、お前は○○と一緒に仕事しててあいつどうなの?!」と新人君の普段の仕事に対する姿勢を聞いてきた。

最近は直接の新人君の面倒はあたしが見ている状態。

上司が新人君に不満を持っているのは会社の子から聞いていた。

他もみんなも新人君の仕事に対する姿勢にはある程度の不満があった。

もちろん私も。

私は思ってることを伝えた。

もちろんいいところもあって助けられてる部分もあるけど、適当だったりずれてる部分があって理解できないところも多い。

上司は怖い目つきで「あいつは社会人としての自覚が足りない!気遣いもできない!」と不機嫌に語る。

上司の言ってることはごもっともだ。

もちろん、それは私もさんざん言われ続けてること。

ただ、新人君は社会人経験は初めてなので仕方ないと思う部分も多々ある。

学生気分がまだ抜けていない感じ。

それにみんなイライラしている。

なんでそんなことがわからないの??

みんな口を揃えて言う。

私も昔はそうだったから、イライラするものの今まで経験してないからわからない部分があって当たり前だと思うこともある。

社会人としての自覚や、仕事に対する姿勢って実際経験しなければわからないものだと思う。

たくさん失敗して、悔しくて泣いたり。

負けたくないと思う気持ちが仕事のやる気を持たせたり。

もっと成長したいと思うことが自分の成長に繋がる。

新人君はまだそこまで達してないんだと思う。

そんな彼に、私達が何を言っても届くはずがない。

彼自身が悔しい思いをして見返してやりたいと思わなければ変わるはずもない。

怒られた~。

ただ、それだけしか思ってないなら成長するはずもない。

一緒に仕事をしていても、彼はそんな感じ。

こんな新人君に上司は最近キレ気味。

今日は特に機嫌も悪かったので、いつもの不満が増したみたい。

私も気分屋な方だから機嫌が悪い日があるのも仕方ない。

人間だし、イライラする時もあるだろう。

ただ、部下としてだけ見るとこんな日は本当に仕事がしにくい。

上司の言ってることもわかるものの、半人前の私が新人君のことをどうこう言っていいものかも疑問に思う。

新人君の今までの経験を考慮して悪いところを責めるだけでいいのかというのも疑問。

人間関係って難しいなぁ。

全ては経験からつくられていくもの。

早く新人君にも成長してほしいものだけど、上司のこの不機嫌も早く治ってほしいものだ…。

| | コメント (2)

2008年4月15日 (火)

春うらら。

今日は倉庫で1日作業。

私達が倉庫に行く時は、寒くて死にそうだったり、雪が降ったり、強風だったり今まで散々だった。

今日は珍しく、快晴でと~っても気持ちいい1日。

吹いてくる風も、と~っても気持ちよくて笑顔になる。

こんな日は嫌なことも忘れられる。

やっぱり春はいいな~。

ぽかぽかした春の陽気に、のほほん気分で仕事を終えた。

あったかい中、空を見上げるとまだ見えない明るい未来に一人心が弾む。

これから何しようかな。

やりたい事がいっぱいあって、一人で想像しながらにやにや。

ちょっと春ぼけ気味

冷たい冬が終われば、必ず暖かい春はやってくる。

人の気持ちも同じだな。

なんだか、未来が待ち遠しくなった。

| | コメント (5)

2008年4月14日 (月)

LOVEの季節。

やっと暖かくなって春がようやくやってきた。

暑い季節が大好きな私は、暖かくなってくると気分もよくなる。

今日は社長が会社に昔からある資料の整理を始めたおかげで、次から次に本を捨てまくっていた。

その中で、欲しい本はもらえるからどんどん貰っちゃった。

080414_223038_ed 私の今、一番興味を持ってるスペインの世界遺産アントニオ・ガウディの作品の本。

情熱の国スペインの本「スペイン幻想物語」。

夏の国「BALI」の本。

タイ料理が大好きなのを理由に「タイ」の本。

そして、ジャズの帝王「マイルス・デイヴィス」の本。

真ん中に映ってるのは小栗旬!

といってもこれは私が昨日買った雑誌「FRAU」。

小栗旬が好きなわけじゃなくて、その下の「恋せよオトナ」で即買い(笑)

ちなみに~今度こそ、もっと上手に~っていうのは決め手。

昨日、Mさんと駅歩いててこういうの買わなきゃということでこれ読んで勉強します…

やっぱり、春はLOVEの季節だからね~。

ちゃんと次の恋のために準備しとかなきゃ

そんな暖かいLOVEの季節ということで、この前仕事帰りに撮ってきました!

Image まさにLOVE

そうLOVE

ちなみに暗くて全く見えないけど私、Vの穴から顔だしてるのです…。

会社の子に「撮って!!」と言うと、「まじで撮るの?!恥ずかしいよ~。今時こんなの撮るの外国人ぐらいだよ~。」と言われながらも一人はしゃぎながらVの穴からピースサイン

その結果がこれです…。

私映ってないじゃん!!

意味ないじゃん!!

でも、まいっか。

一人満足しながらウキウキ気分で帰りました

私はLOVEが好きなのです。

別にこの西新宿にあるLOVEが好きなんじゃなくて、男と女のLOVEがね。

最近は女と女のLOVEもいいと思うけど

よし!春は恋するぞ~。

恋せよ乙女!

命尽きる前にね。

| | コメント (6)

2008年4月13日 (日)

久々の休日

今日は待ちに待ちまくった久々の休日。

昨日、仕事が終わってから久しぶりに夜の仕事へ。

久々すぎて、どうやって仕事したらいいか忘れちゃった…。

ちょっと緊張したものの、時間がたつにつれ思い出した。

2時に終わって、タクシーで家が近いMさんの家へ。

始発を待って自分の家へ帰るよりも、Mさんちに泊まったほうが早く寝れる。

ふかふかの布団のおかげでぐっすり眠れた。

Mさんありがとう

そしてお休みの今日は、夜のお店のお客さんやその知り合いの人達みんな集まっての花見。

お昼に目が覚めると、外はあいにくの雨。

しかももう4月だというのに寒い(怒)!!

結局、系列のバーの中でお花見と称した飲み?に変更。

Mさんと一緒にお店へ向かうと、めちゃくちゃ人が多すぎて入れない・・・。

仕方なくカウンターの中の椅子の上へ。

でも、なにげにここがいい場所。

ちょこちょことみんなが持ってきてる食べ物をいただきながらマッサージ大会。

私もやってもらったものの「あんまりこってないよ~。揉みがいがない。」と言われた。

なんかそんな事言われると、自分がなまけものみたいに思える

そして、夕方に一度お開きしてあとは各自飲みたい人は飲むことに。

私達は、年下の垢抜けない純情青年T君のメガネ買いに付き合う事に。

オーナーが、年下君のメガネがさえないのでお金を出してくれるらしい。

みんなでメガネ屋へ行って、早速吟味。

私はT君のメガネ探しより、自分のメガネ探しに夢中。

最近、コンタクトしてると目に傷がついてるせいかすぐ充血してるので少しの間メガネにしようか迷っていたのでいろんなメガネを試しまくった。

家でつけるメガネだと、別にどんなのでもいいんだけど普段仕事中につけるとなるとどういうのがいいのか全然わからない。

お洒落すぎるのも嫌だし、真面目すぎるのも嫌だし・・・そんなこんなで悩んでたらわかんなくなってきて今日は断念。

T君のメガネはみんなで選んで、ちょっとお洒落な感じの春っぽいメガネに決定!

メガネが出来る間、みんなでお茶して時間を潰した。

お店にあったフリーペーパーをタバコを吸いながら見てるとT君が「ワンコロさん、競馬新聞でもみてるおじさんみたい」と言われショック・・・。

あたしゃ、まだ若い乙女なのに~

まあ、確かにおやじくさいのは自分でも自覚してるからいいけどさ。

って大人の女にならなければ・・・。

なんか、久々にゆっくりとした時間を過ごして満足。

8時過ぎにはみんなとバイバイして帰った。

やっぱり休みっていいな。

うん、休みは必要だ。

改めて、休みのありがたみを実感した1日。

| | コメント (4)

2008年4月10日 (木)

リバウンド?

ここずっと、休みもなく動き回っていたせいかちょっと痩せていた。

というか、ご飯を食べる時間もあまりなかったのでそりゃ痩せてくれないと困る。

でも、最近仕事がひと段落して急に食欲旺盛になってしまった…。

無性にお菓子が食べたくなる。

ここ数日、仕事の合間やご飯食べた後にお菓子を食べてしまう癖がついてしまった。

まあ、前の食欲に戻っただけだけど。

おかげで、減っていた体重も元通り。

楽になっていたズボンのウエストも、だんだんきつくなってきた。

これじゃ~意味がな~い。

休みがないのは嫌だけど、痩せるのは大歓迎。

痩せた体をどうにか維持させる方法はないものかねぇ。

大体いつも食べ過ぎて太ってきてやばいと思った頃に、病気になったり仕事が忙しくなって痩せる。

そして、元気を取り戻した頃には食欲が増してまた元通り。

さらに今度は太っていく体が心配に…そしてまた何かがあって痩せる。

ここんとこ、ずっとその繰り返し。

出るとこ出て、しまるところはしまってる綺麗な体を作りたいなぁ。

そして、その体を維持できたら一番いいのに。

やっぱり努力なしには、そんな体は手に入らないのかな(:- -)

| | コメント (2)

2008年4月 9日 (水)

痛ーい!!

今日は久しぶりに1日倉庫作業。

展示物を新人君と2人でチェック。

重い展示物ばかりで、台車から降ろすのに一苦労。

力はそこそこあるので、だいたいの重いものは持てる。

そんな中でも、とりわけ重い展示物を新人君と降ろそうとしたその時。

「痛ーい!!!!!」

思わず叫んだ。

右手の指先を思い切り展示物と床の間に挟んでしまった・・・。

普段からリアクションは大げさな私。

ちょっとでも痛いと「痛ーい!」と叫ぶ。

今日も挟んだ瞬間、いつものように叫んだものの痛みはいつもと違う。

本当に痛い。

軍手を取って、右手を振る。

新人君は心配そうに「大丈夫ですか?!」と言う。

少ししたら痛みが治まるかと思いきや、どんどん痛くなる一方。

最初の叫びはいつもの癖。

だけど、2回目の「痛ーい!」は本当。

痛みが治らないので、「痛ーい!!!」とひたすら叫び続け怒りがこみあげてきた。

地べたに座り込んで、「もう嫌!!!本当嫌!!痛い!!!」と涙目になった。

新人君は「水で冷やしたほうがいいですよ!シップもらってきましょうか?!」と気遣ってくれる。

怒りがこみあげてきたせいか、そんな事したって痛いのは治らないもん!!と思いながらとりあえず水で冷やしてみた。

指先がジンジンする・・・。

そして、左手で挟んだ指先をぎゅっと握ってると熱をもってて熱い。

末端冷え性なのにこんな時はさすがに熱くなるんだと思いながら、痛みがなくなるまで大人しくしていた。

時間がたって、痛みが消えると作業をまた再開。

やる事が多すぎて、結局今日は終わらず片付け。

いつもより遅い時間になってしまったので、焦りながら二人でどんどん展示物を倉庫の中でいれていく。

そして、新人君と一緒に最後の1個をいれようとしたその時。

「痛ーい!!!」

新人君が押した展示物と倉庫の柱の間にまた指先が・・・。

さっきほどまで強くはなかったけど、挟まれたのはまた同じ指先

痛みでキレた・・・。

「まじかよありえない本当嫌

何がありえないのか、何が嫌なのかよくわからない。

別に新人君に言ってるつもりはないんだけど、痛みで我を忘れ、わけのわからない言葉を吐き捨て、軍手を投げ捨てる。

とりあえず、この怒りが収まるまでじっと何もせず黙ってた。

新人君は謝ってきてたが、別に新人君に怒ってるわけじゃない。

ついてねー。

ただそれだけ。

同じ指先2回も挟むなんて、知らないうちにこの右手が何か悪い事してばちがあたってんのかな?なんて思ったり。

痛みはだいぶひいたけど、今はちょっと触るとちょっと痛むぐらい。

帰り道、もう重いものなんて持ちたくないとひたすら叫んでいた・・・。

| | コメント (8)

2008年4月 8日 (火)

どうにかなるさ。

いつも考えすぎるのは私の悪い癖。

何か1つでも不安に思うことがあれば、そこから被害妄想並にいろんな想像をしていく。

そして、一人で落ち込む。

だけど、そんなこといくら考えたってどうにもならないこと。

悪いことが起きればその原因を自分の中で追究したり、なぜこうなったのか?なんて次々と原因を探り出す。

それも考えても仕方のないこと。

起きてしまったことは変えられない。

全ては偶然ではなく、必然。

出逢う人々も、起こる出来事も。

その時に自分に必要な人だったり、その時に自分に足りないものを知るための必然だったり。

だから、結果はあまり関係ない。

その人と出会って何を学んだか。

その事で何を学んだか。

大切なのはそこ。

自分が望んでない結果に終わったとしても、それはなるべくしてなったこと。

考えすぎる必要はない。

また、この先もたくさんいろんな事があるだろう。

だけど、それは全て自分にとって必要なこと。

そう思えば、全ての事実を受け止められる。

仕事も、恋愛も、人生も。

| | コメント (2)

2008年4月 7日 (月)

自分らしく。

いつも失恋するとどん底まで落ち込んで、自信をなくしていた。

私には魅力がないんだ。

私ってダメな女なんだ。って。

でも、今回失恋してあまり落ち込んでいない自分にびっくり。

悲しいけど、自分自身を見つめなおせた。

たとえ好きな人が、自分の事を好きになってくれなくても自信をなくす必要なんてない。

今は、落ち込むどころか“自分らしくいたい”と強く思えるようになった。

私は私でいいんだ。って。

誰かにならなきゃいけないわけでもないし、誰かになりたいと思ってもなれないんだから。

いいところも悪いところも人それぞれ。

そんな人それぞれの魅力に、惹かれあって恋に落ちる。

だから、心変わりや振られたってそれは仕方ないこと。

人の気持ちは変わるものなんだから。

変わっていく人の気持ちに傷つく時ももちろんあるけど、それで自分が惨めになる必要もない。

1人でも楽しめることはたくさんある。

誰かを笑わせることだってできる。

いろんな人にあって、いろんなものを見て、いろんな経験をして、泣いたり笑ったりして楽しいことはたくさんある。

自分が自分でいられることが幸せだ。

みんなそのままでいいのにね。

世の中には、失恋して泣いている女の子がたくさんいる。

そんな子たちに言ってあげたい。

「今のままでも、充分素敵だよ。」って。

| | コメント (5)

マイ・ブルーベリー・ナイツ

今日はお昼からちょっくら仕事。

終わった後は、友達の家へ遊びに行った。

とってもいい天気で、おかげで気分もいい。

友達の家で少し話をしながら、久しぶりに映画を見に行く事に決定。

本当は今日、仕事がなかったら一人でのんびりと映画でも見に行こうと思っていたので気分もウキウキ。

ずっと見たいと思っていたノラ・ジョーンズ主演の「マイ・ブルーベリー・ナイツ」を見ることに。

失恋した主人公が自分探しの旅に出るロード・ムービー。

旅に出た主人公が、途中で出会う愛の話に考えさせられた。

別れた妻の事をずっと想いつづける男。

別れた妻は男の事をうざいと思っている。

すでに、恋人もいてその男の前でいちゃつく。

ある日、別れた妻の恋人が男が飲んでいるバーにやってきた。

男は嫉妬からかその恋人に殴りかかる。

それを知った妻は、男へ本当に自分達が終わった事をつげる。

男は妻に捨てないでくれと頼みながらも、このまま店を出れば撃つと妻に拳銃を向ける。

妻はそれを無視し、男は撃つこともできなかった。

絶望した男は、いつものように飲んだくれ店を出た。

そして、車で衝突して死んだ。

「事故」と発表されたが、本当は自殺だろう。

ある日、別れた妻がバーへ来て死んだ男の為にお酒を飲み酔いつぶれた。

あんなにうざがっていた男のことを妻は、いざ絆が切れてしまうと心が痛い。と主人公に語る。

これを見て、愛って複雑だなって思った。

愛されすぎると、息苦しくなる。

だけど、その愛がぷつんと消えてしまえば苦しい。

愛って単純なもののようで単純ではない。

深く考えさせられた。

私の感想としては、おもしろい映画だった。

最後はちょっと簡単に終わったかなって感じだけど、途中は見入ってしまった。

映画の後は、友達と今日はちょっと豪勢にタイ料理のプチコースを堪能。

小洒落たお店で、味もちょっと上品な感じ。

やっぱりパクチーはいつ食べても美味しくてそれだけで満足。

最後にデザートが出てきて、黄色いゼリーのような果物を食べた。

甘くて、すごく美味しいので感動して友達に聞いてみるとこれはマンゴーそのものだと言う。

ん??

あたしマンゴーは嫌いだぞ??

てか、もしや本物のマンゴーあたし食べたことなかったりして?!

ドライフルーツのマンゴーは甘ったるくて嫌い。

お菓子のマンゴー味も嫌い。

だからずっとマンゴーは嫌いだと思ってたのに、これがマンゴーだとしたらあたしマンゴー好きかも?!

まさか食わず嫌いだったのか?!

食べたことあると思ってたのはあたしの勘違いだったみたい。

これで、一つ美味しいものが増えた。

また、どこかでマンゴー食べてみようっと♪

| | コメント (4)

2008年4月 6日 (日)

最悪の1日。

ついてない日ってなんでこんなについてないんだろう。

今日はとことんついてなかった。

仕事では、朝から電車が遅れて現場にギリギリに着くと上司から怒鳴られる。

電車が遅れてるという連絡をいれなかった私のミス。

仕事中も、また怒られる。

暗い気分の中もうすぐ終わるという時に、社長が「よし!ワンコロ。明日も来れたらここに遊びにくるか!」と私の肩を叩きながら言う。

えっ・・・?!。

耳を疑った。

明日は今まで休みがなく働いてきてやっと久しぶりに丸1日とれる休みの日。

「遊びにくるか」って・・・とりあえず今やっている展覧会に人がたくさん入ってるところを写真に撮りたいらしく、人が多い明日の昼頃に来て撮ってくれという事だった。

「わかりました・・・。」と返事はしたものの、なんかもやもやイライラ。

やっと休める、やっと自分の時間が出来ると思ってたからこそ今日も休日返上して頑張ったのに。

いとも簡単に、自分が楽しみにしてた時間を奪われたことが悔しくて涙がでそうになった。

いつも「私の休みはいつくるんだろう・・・」と思って今日まで頑張ってきたからこそ突然明日の休みを奪われ、自分の中の何かが壊れかけていくのに気づいた。

もうそろそろ我慢の限界。

そんなこんなで仕事が終わり嫌な事忘れて楽しもうと、とりあえず友達から誘われていた花見へ。

女の子は私と友達だけ。

他は私の友達の彼氏の仲間達。

初めて会うけど、みんないい人で楽しかった。

そんなところに、今日一番の最悪な出来事が起こった。

犬を連れて誰かがこっちへ向かってくる。

パッと見ると、見覚えのある顔。

まさか・・・。

目を疑った。

気になる彼だ。

そして、彼の後ろには女の人。

私は慌てて背を向けた。

そう、友達の彼と気になる彼は知り合い。

ただ、年齢が違うのでそこまで仲がいいわけではなくこういう集まりにはいつも呼んでないと聞いていた。

だから、私は安心して今日も来たのに。

彼と女の人がこっちへ向かってきて椅子に座りみんなと話し出す。

私は気まずくて、挨拶もせずずっと背を向けたまま。

ここから、私は誰と話してても彼が気になって上の空。

気になる彼のことは、ある事をきっかけにやめてふっきれた矢先だったのに・・・。

運悪く、私のバックを置いてるところに彼が座っている。

そして、ふと振り向いてみると彼と女の人は2人の世界状態・・・。

さすがに耐えられない。

こればっかりは無理。

友達にバックを取ってきてもらい、もう帰ることにした。

こんな状況で楽しむ事も出来ないし、私がいれば彼も楽しめないだろう。

私が帰れば全て済むこと。

そして、友達と友達の彼が車で駅まで送ってくれた。

2人は車の中でひたすら謝っていた。

詳しい事情は知らない友達の彼も「○○さんが来たからでしょ?ごめんね。まさか来るとは思わなかった。」と謝ってきた。

別に2人は悪くない。

誰も悪くない。

ただ、私が耐えられない。

車を降りてバイバイした瞬間に、涙がでてきた。

本当は見たくなかった。

女の人といちゃついてるところなんて見たくなかった。

だけど、心のどこかで真実を知りたいと思っていた。

人から聞く噂だけでなく、自分の目で見てみたいと思っていた。

今日、その真実を目の当たりにした。

ショックは大きい。

だけど、これでよかった。

見てよかったんだ。

荒治療だけど、これで踏ん切りがつく。

涙が出てくるのは、彼の事が好きだからじゃない。

自分の男を見る目のなさに情けなくなって、涙がでてくる。

“なんでいつも私こうなんだろう”

頭の中で、そればっかりぐるぐる回る。

そして悔しくて泣けてくる。

結局、今回私が好きになった男はとても嫌な男だった。

今までのは一体何だったんでしょう?

なんで見抜けなかったのか?

わかっていたのに、わからないふりをしていただけかもしれない。

真実を見ようとしなかっただけ。

今日見たものが真実。

それだけだ。

今日は泣いた。

シャワー浴びながら泣いた。

でも、一度めちゃくちゃに壊れてしまえば後は楽。

もう壊れるものなんてない。

また少しずつ自分で治していけばいい。

今日はとことん最悪な日。

だけど、明日はきっと笑える。

今日で全て終わった。

だから、明日からは前に進むしかない。

女は強いんだ。

何度傷ついても、何度泣いても、必ず立ち上がる。

そしてきっと幸せになってみせるから。

悲しい出来事は、明日のいい出来事を呼び寄せてくれると信じてる。

| | コメント (2)

2008年4月 3日 (木)

どんくさい。

あたしって何でこんなにどんくさいだろう?

何でこんなにバカなんだろう?

ミスをすると、とことん自己嫌悪に陥る。

同僚は、上司にも非があったと励ましてくれる。

でも、やっぱり自分にも落ち度があったから元気はでない。

もっと要領よく出来たらいいのに。

他の人と一体どこが違うんだろう?

ミスした日はやっぱり落ち込んでしまう…。

| | コメント (3)

2008年4月 2日 (水)

失態…。

今日は朝から新宿のイベントの様子を見に行った。

その後、出社する予定が急遽社長から支店も回ってこいとの指令が…。

とりあえず新宿から浦和へ移動。

浦和→府中→相模大野の順で回る事に。

ひたすら長い電車の旅。

浦和が終わり府中へ向かう途中、電車の中でうとうとし始めた。

ちょっと眠ろうと目を閉じて夢の中へ。

ハッと目が覚めると、何か冷たいものを感じた。

口からちょうどよだれが垂れているのに気づき、慌てて口を拭いた。

危ない、危ない…と思って体勢を整え直したその時。

ガーーーーーーン

コートにめちゃくちゃよだれが垂れている・・・

3箇所ほど長い線のようにコートによだれが垂れて思い切り濡れていた。

やばい。

恥ずかしい。

とにかく恥ずかしい。

急いで手でふき取ろうとしてもほんのちょっとじゃないので、なかなか取れない。

バックの中から慌ててハンカチを探す。

見つからない。

こんな時に限って、ハンカチ持ってきてない。

どうしよう~と思いながらも、ふと顔をあげると目の前のサラリーマンのおじさんが見ている。

冷たい目線が痛い…。

もう周りの目線を気にしている場合じゃない。

とりあえず開き直り、バックに入っていたメイク落としのコットンでふき取った。

いつもなら、よだれ垂れそうになると目が覚めるのに今日は爆睡してたらしい…。

こんなによだれが垂れてても気づかないなんて…。

なんかよだれだらだら垂らして寝てた姿を想像すると恥ずかしくて仕方ない。

みんな変な目で見てたんだろうな~。

その後も電車で移動するたびに眠気が襲ってきたものの、さっきの失態で怖くてさすがに爆睡はしなかった

もう二度とこんな失態はしないように気をつけよう。

早くコートをクリーニングに出さなければ…。

ほのかにコートが臭い

| | コメント (4)

ほっと一息。

昨日、一昨日とハードすぎる日が続いてやっと今日ブログ更新

一昨日はずっと常駐していた催事が夕方に終了し、撤去。

雨の中バタバタしながらも長かった連勤がやっと終わった。

といっても、明日は大規模なイベントの搬入とセッティングが朝一から。

会社の女の子は家が遠いので私の家にお泊り。

明日早いから今日こそは早く寝ようねと言ったものの・・・この忙しい毎日の仕事に対する不満や愚痴をぶっちゃけてたら結局寝たのは3時

そして、次の日は6時半起床。

眠い目をこすりながらも2人で現場へ。

今回は大規模すぎるだけに、現場のセッティングは専門の会社がやるので私達はやる事があまりない。

とりあえず、歩き回りながらも展示物をチェック。

午後になると、昨日の睡眠不足がたたり睡魔が襲ってきた

なんとか振りきろうと頑張るが、気づいたら立ったまま足がガクッとなる状態

やっぱり睡眠は大事だ・・・。

立って寝れるという人の気持ちが初めてわかった

まあでも、そんなに細かい展示物はないのでこれは昨日より早く帰れるかなぁと思ってたらくるはずの展示物がこない・・・。

その間に私は社長からちょこちょこ頼まれ事で、その日会社と現場を4往復

さすがに死にそうになった。

そして、やっと展示物がきたのが夜の9時過ぎ。

でも、他が進んでいないので担当の人達が取り付けをしようとしない。

いつになったら帰れるんだろうと最初は考えてたものの、最後には開き直った。

社長は、10時くらいに取引先の人と「ご飯食べに行って戻らないから、お前もこれやってあとは指示だけして帰っていいぞ。」と現場から立ち去った。

やっと帰れると思いながらも、最後に頼まれた仕事もデータがこなければ出来ない。

結局、11時に終わり空腹と疲れでフラフラになりながら家に帰った。

また、次の日は初日という事で8時には現場に行かなければいけない。

帰って、ゆっくりする暇もなくご飯食べてお風呂入ったらすぐ布団へ。

そして、今日やっと大規模なイベントスタート。

予想通りの大盛況で、朝からすごいことに。

準備段階ではトラブル続きだったものも、やっとこれでひと段落。

午後からは久しぶりに会社での仕事に戻った。

社長は夕方から祝杯をあげに出かけ、上司は1日外出したまま帰社。

久しぶりに早く帰れる!!!

みんなで7時過ぎには会社を出た。

あまりにも久しぶりの早い帰宅で、みんなルンルン気分♪

家に帰って、友達が遊びにきておしゃべりして久しぶりにほっと一息タイム。

やっぱりどんなに忙しくてもプライベートの時間って大切だなぁって思った。

あとは睡眠時間も

今日で忙しかった毎日もひと段落して、やっと明日からも前よりは落ち着いた毎日になりそう。

多分ね・・・。

| | コメント (5)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »